南アフリカで暮らしたコト vol.1

旅のコト

行き先は南アフリカ共和国

2014年春、私は南アフリカに旅に出た。

二度目の大学休学だった。

今思えば、

「世界で最も犯罪の多い街」とも呼ばれるヨハネスブルグなど、決して治安がいいとは言えない国に、ひとりで行くなんて娘をよく許してくれたと思う。

 

でも、

この国で暮らした約一年間は、

私にとってかけがえのない時間だった。

 

南アフリカで一緒に暮らした3つの家族と

最高のいなかライフを紹介します。

ケープタウン〜スウェレンダム

最初の家族が住んでいたのは、ケープタウンから車で約3時間、スウェレンダム(Swellendam)という町。

この国で初めての友達と、少しの英会話力を得たケープタウンを後にして、長距離バスでスウェレンダムに向かった。

南アフリカでは、長期間のビザがないので、ビザを延長するため最初はケープタウンの語学学校に通いました。

日本人もアジア人でさえひとりもいない中、いつも仲良くしてくれたブラジルや南米の友達。

 

スウェレンダムの中心街からさらに車で1時間ほど行ったところに、彼らの家はありました。

新しい暮らしのはじまり

どこまで敷地?!

 

家、建てかけ?!(自分たちで建ててる。)

 

トイレ屋根ない‼

 

これは…?!

 

広い土地はあるけど、いろんなものが未完成。

毎日少しずつ、暮らしをつくりながら、暮らしていました。

私が暮らした部屋。散らかってますね。

 パパは町へ、ママは子育て

彼らは3人家族。

右から、父、母、娘。この時、叔母(父の姉、左)が訪問中でした。

パパとママともうすぐ1歳になる娘。

それから、犬と豚と羊と山羊と鶏。

パパはお金を稼ぐため、町に仕事に行くことが多く、ママは赤ちゃんがいるので、外での仕事はあまりできない。

私の仕事は山ほどありました。

 

なんでもやります!

何もない荒れた畑の石を拾い、耕す。もちろん全て手作業。

その畑に木のチップと段ボールを敷き、土を豊かに。

苗や種を植え、灌水チューブを設置。

 

 

鶏を飼ってるけど、小屋がないので産んだ卵は犬たちのおやつに。

そこで、パパと作った鶏小屋。

毎朝卵が取れるようになった。

 

果樹を植えるための土をひたすらポットにつめたり、

羊小屋を掃除し、糞を畑に運んだり、

畑に水をやったり、

子守りをしたり、

 

 山羊の赤ちゃんも産まれた。

 

脱走したブタを追いかけ、トタンの上に転んで、膝を5針縫うケガもしたりした。


やることすべてが初めてで、

大変なんだけど、

家からの眺めは最高だし、

何もしてない時間もなんかいい。

シャワーは2日に1回だし、

トイレ流すのにわざわざ水汲みに行かなきゃいけないけど、

たまに入れる露天風呂(なぜか外にバスタブが転がってた)ではこの満月をひとりじめ!

赤ちゃんが寝たあと、パソコンで映画を観たり、

街まで買い物に行ったり、

家族のように、一緒に過ごしてくれて、

必要としてくれるのが嬉しかった。

 

一番好きだった仕事

そんな不便だけど幸せな生活の中で、私が一番好きだった仕事がある。

それは、毎夕、

犬と一緒に、放牧している羊たちを追いに行くこと。

朝、小屋を開けてやり、日中は好きなところで草を食べてる。その羊たちを夕方、小屋に戻す仕事だ。

いつも一緒に来てくれたのは、カッティア。とても賢いベテランの女の子。

時間になると、つえを持ち、犬を呼ぶ。

羊たちはどこにいるかわからない。

家の近くの見えるところにいることもあれば、

1時間かけて探すこともある。

羊を見つけたら、群れの後ろ側にまわり、カッティアに指示を出す。

カッティアは上手に群れを追い、羊たちは家の方に向かって走り出す。

こうして羊たちを小屋に帰すのが、毎夕の仕事。

これが私が一番好きだった仕事。

カッティアと一緒に羊を追ったことは、きっとずっと忘れない。

 

別れのとき


ずっとここに居てもいいと思える日々だった。

でも、いろんなところにも行ってみたかった。

次の場所に行くと決め、この家での最後の夜。

なぜか寝れなくて、なぜか何度も吐いた。

父と母が起きてきてくれた。

「ずっとここにいてほしいと思ってる。だけど、せっかく遠い日本から来たんだから、もっといろんなところに行って、いろんなものを見てほしい。

うまくいかなかったら、ここにもどってくればいい。

ただ不安でいっぱいなだけだよ。」

そう言って励ましてくれて、涙がこぼれた。

次の場所へ


次の日の朝は笑ってみんなとお別れした。


 

写真を見るたび、こんなトコで暮らしてたんだなとしみじみ思う。

 


二度とない、最高のいなかライフ。


 

さあ、次はどんな家族に会えるだろう。

 

 

つづきはコチラ↓

http://tohda.net/?p=843