退職祝い旅行。行先はやっぱり沖縄!

旅のコト

2018年1月8日〜11日の間、

沖縄に旅行に行ってきました。

 

題して、退職祝い旅行!

 

沖縄1日目

小松空港から羽田を経由して、那覇空港に到着。

 

雨……

 

あいにくの天候ですが、とりあえず空腹を満たすため、

懐かしの24時間営業「最強食堂」へ。

 

するといきなり、

まさかの再会が!

 

学生時代の数少ない友人のうちのひとりにまさかの再会。

4、5年ぶり?

 

初日の1発目の食事で、嬉しい偶然すぎる再会。

 

いい旅になりそうだ。

 

沖縄2日目

朝は小雨が降ってましたが、天気は回復模様。

 

まずは、

沖縄県北部の屋我地島にある小さなアトリエで、

シーサー作り体験!

体験工房&沖縄雑貨Atelier 43

https://www.atelier43.net

 

 

先生の指導のもと、

オスとメス一対のシーサー作り。

 

初挑戦の和真さん。

 

宇宙人みたい…笑

 

だんだん愛着がわいてきて、

かわいい。

 

 

 

 

気づけばあっという間に

3時間ほど経ち、

 

 

ジャーーン!!!

 

これを1000度以上の高温で焼き上げてもらって、完成。

約1ヶ月後に手元に届きます。

 

 

とってもお洒落なアトリエで、

オリジナルのシーサー作り。

 

届くのが楽しみです。

 

 

お昼を食べて、

オリオンビール工場見学。

 

できたてのビールに

ぷはぁーーーっ!!

 

良い1日でした。

 

 

沖縄3日目

フェリーに乗って

沖縄県北部の離島、伊江島へ。

 

 

レンタサイクルで、

島を巡りました。

とっても気持ちいいとこ。

 

 

 

まず訪れたのは、

反戦平和資料館 ヌチドゥタカラの家。

地上戦を体験し、島民の3分の1にあたる1500人が命を落とした伊江島。

戦中、戦後を通して、阿波根昌鴻さんが収集した資料が、彼が亡くなった今もそのまま展示されています。

http://wabiai.holy.jp/02.html

 

最後に館長の悦子おばあちゃんのお話を聞かせてもらうことができました。

 

 

 

おばあちゃんに見送られ、

続いて、島のシンボル、

城山(タッチュー)へ。

 

途中から自転車では登れない坂道に。

 

帰船リミットが迫っていたので、

急な階段を駆けるように登り、

山頂の絶景を写真におさめ、

 

また駆けるように降り、

いい汗をかいて

島をあとにしました。

 

 

 

夜は、それぞれ会いたい人に会うため、いったん解散。

 

私は学生時代のバイト仲間と再会。

全然変わらない皆にホッとして、

お腹痛いほど笑いました。

おかえりと言ってくれる場所があるのは、幸せなことです。

 

 

和真さんは、なぜか仲の良い

ピースボート仲間のいのっちと再会。

私の友達(初日に偶然の再会をした)の彼氏さんが、最近オープンしたお店に。

隠し味は、オーナー健作のシャイなほほえみ。だそうです。

 

食堂&CAFE おまめぼうや

https://www.instagram.com/omamebouya.tubu/

 

 

 

沖縄最終日

あっという間に、最終日。

 

ピースボート仲間のみかどが、ダイビングのインストラクターをしてるので、遊びに行ってきました。

 

沖縄とはいえ、真冬。

ウエットスーツの胸元にバブを入れるのは、ダイバーの常識みたい。

 

 

 

海の中に入ると、

 

めっちゃきれい!

 

熱帯魚もたくさん!

 

ソフトコーラルという珊瑚礁が広がっていました。

 

 

そして、

海の中でのポージングが謎すぎるこの人。

 

いちおしはコレ。笑

 

 

そんなこんなで、

真冬のシュノーケリング

とっても楽しかった。

 

マナエンジョイダイビング

http://www.enjoy-okinawa.com

 

ただし、海から出ると極寒なので注意。

 

 

最後は、和真さんが一緒に地球一周したひろこちゃんが、空港までお見送りに来てくれました。

 

 

 

このあと、

今季最大の寒波到来で

羽田→石川行きの飛行機が欠航。

 

最終の新幹線でなんとか帰ってきました。

 

 

 

次の日、

「昨日海入ってたのが信じられない」と言いながら、

ひたすら雪かきをしたのでした。

終わり。